2015年06月24日

バストアップをするためには

バストアップをするためには腕立て伏せも大切ですが、マッサージも大切になります。

基本は下から上へ向け外から内側に向けて包み込むようにすることです。脇の下や鎖骨の辺りには乳房への血管がたくさんありリンパの流れが良くなるとバストアップに効果的です。

また、何もつけずにマッサージを行うと肌を傷めてしまうことがあるため、専用のクリームを使用し行っていきます。

身体の温まった入浴中や入浴後に左側を右手で右側を左手で包み外側から内側へバスト全体を持ち上げ円を描きバストを丸く形作るイメージでマッサージを行います。

次に脇腹から背中あたりのお肉を中央へと流すようにマッサージしていきます。同じようにバスト下にある胃の部分のお肉も引き上げる感覚で左右しっかりと行います。

バストの重みを支えるデコルテと胸の筋肉を刺激することでもラインが上がります。バストから鎖骨へと皮膚を引き上げていきます。

簡単に行うことが出来るので、毎日欠かさずに行い続けることでバストアップに繋がります。



posted by カラ at 00:08| Comment(0) | バストアップ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。